10年ぶりに走れました!

整体で走れるようになった女性

湘南藤沢片瀬山より

 

半年前に初来店された方より嬉しいご報告をいただきました。

60代の女性の方で、10年前の膝の骨折が原因で身体の歪みがひどく、左の足関節の腫れと痛みで歩行もままならない状態でいらっしゃいました。

バランス調整術(整体)でズレていた身体の重心を中心(丹田)に近付けることで、全体的に改善していきましょうとご提案。
「まずは、短期で5回受けていただくと変化が分かると思います。」とお伝えし、3~4日おきに5回受けていただきました。

腰椎の歪みがひどく、誰が見ても上半身が左にズレていることが分かるくらいでしたが、初回の施術だけでかなり改善。これは反応が良い方だなぁと思っていたところ、帰りの玄関で悲鳴(?)をあげていらしたので、ちょっと変化が大きすぎてどこか痛みが出たのかと心配になって行ってみると、いつも腫れていて履けない左の靴がなんの違和感もなくスッと履けてビックリしたとのことでした。

その後も、施術の度に新しい変化があり、2回目の帰りには起床時毎朝痛かった足関節の痛みが消え、3回目には靴の中で足の指が広げられるようになり、4回目には一段ずつ足を揃えなければ下りれなかった階段が、無意識に一段を一歩ずつ交互に下りれるようになったとのこと。

5回目にご来店の際には、「最近人の姿勢が気になるようになりました。結構歪んでいる人って多いですよね」との気付きのご報告。
実は、変化のステップとして人の姿勢や歪みが気になりだすことは大切なポイントで、「人の振り見て我が振り直せ」とはよく言ったもの、この意識レベルになると自分自身で歪みを修正したり、効果も持続しやすくなってきます。この頃には、上半身のズレもほぼ改善され、足関節の痛みもなくなっていました。
最後に、もう一回だけお越しいただき、中心の意識も高く、ズレも戻っていなかったので、歩き方の癖でソールが変につぶれてしまっている靴を替えるようにアドバイスし、しばらく空けて様子をみましょうということになりました。

 

そして、半年後の先日。。。

やはり、多少のズレは戻っていて、本人も痛みや靴のつぶれ方でズレ始めている自覚があり、意識しても修正し辛くなっのでご来院されたとのこと。
半年間の経過をうかがうと、最後に施術してから、犬に引っ張られてではあるものの10年ぶりに小走りで走れました!と驚きのご報告をいただきました。本人もまさか走れるようになるとは思ってもいなかったようでとても驚かれたご様子。今後は戻らないように定期的に施術を受けていただくよう勧めました。

今回は非常に変化の過程がわかりやすい事例だったので、ご了承を得て掲載させていただきました。ありがとうございます。