情けは人の為ならず

献血に行こう

湘南藤沢片瀬山より

 

こんにちは、バランスファクトリーの武衛です。

個人的なお話ですが、先日近所にある「クロスウェーブ湘南藤沢献血ルーム」に行き、受付の方から切実なお話をうかがったので、お勧めも兼ねてお知らせしようと思います。

 

受付の方のお話によると、神奈川県は人口に対して県内の献血で賄える量が圧倒的に少なく、他県から分けてもらっている状況が続いていて、藤沢の献血ルームでも1日の目標(40数名)に届かない日が多いとのことでした。こちらからその日の不足状況も見れます。(神奈川県赤十字血液センター

現在、完全な人工血液はまだ開発されておらず、手術などで使われる輸血用血液や人の血液から作られる血液製剤はどうしても献血に頼らざるを得ないうえ、それらは長期保存ができないため日々の献血だけが頼みの綱。

年々医療技術が向上し、出血が少ない手術が増えたり、先々は人口減り需要が少なくなることも予想されているようですが、今この瞬間にも献血された血液を必要としている方の為、また、いつ自分自身や家族が輸血や製剤を必要になるかもしれないことを思うと、健康関連の仕事をさせてもらっている自分としては時間がある時には出来るだけ献血に行こうと思っています。

 

実は献血をすることで、私自身も健康を保てている部分があります。

献血をすると、希望した人には約2週間後に7項目の生化学検査成績と8項目の血球計数検査成績という血液検査の結果が送られてきます。(詳しい内容はこちら

毎年健康診断を受けているわけではない私にとって、この血液検査は身体の変化を知る上でとても役立っていて、定期的に献血を行うことで日頃の生活と身体の変化がわかり生活習慣病の予防にもなっています。

 

まさに「情けは人の為ならず」という諺があるように、困っている人の役にも立てて、自分自身の健康にも役立つ献血をされてみてはいかがでしょうか?