人も地球の一部

人も地球の一部

湘南藤沢片瀬山より

 

梅雨入りしたものの昨日今日は気持ちよく晴れて、ここ湘南は今朝も富士山と青空が綺麗です。写真は今朝の富士山です。

 

さて、先日ネットで気になるニュースが出ていました。

アメリカの経済紙『Forbes』によると、ここ5年間で地球の自転速度が徐々に遅くなり地殻に影響を与えている、という研究発表をアメリカの地球物理学連合が行ったとのこと。

地球の自転速度が遅くなるとは言っても人間が体感できるほどのものではないそうですが、地球規模でいうと遠心力が弱まることで地球がほんの少し細くなり地殻が押し合うようになって、大きな地震が起こりやすくなるそうです。元々地球の自転は25~30年周期で5年間の減速期に入るそうで、5年目が一番影響を受けるとのことでした。

そして、今年はその5年目。

最近、日本のみならず世界各地で噴火が起きているのもその影響かもしれません。

 

体感はできないとはいえ、人間も地球の一部です。何も影響を受けていなわけではないと思います。

実際、遠心力がより強く働く赤道付近では、北極や南極より体重が軽くなることがわかっているそうです。

つまり、自転が遅くなっている今年は、遠心力が弱まり少し身体が重くなっているということです。

ダイエットに励んでいる皆さん、なかなか結果が出なくても今年はしょうがないと慰めつつ、地球の遠心力が戻る来年に期待しましょう(笑)

 

冗談はさておき、巨大な地球という生命体とその一細胞である私たちは運命共同体。お互い長く健康でいられるように協力し合いたいものです。

ということで、まずは自分が健康でいることが第一!

地球の身震いにも耐えられるようしっかりと身体のメンテナンスをしておきましょう!