睡眠とって応援しましょう!

ワールドカップと寝不足

湘南藤沢片瀬山より

 

サッカー日本代表!決勝トーナメント進出おめでとうございま~す!!!

できれば、自力でスッキリ1位通過してもらえたら、今朝はより一層爽やかな朝が迎えられたこととは思いますが、お楽しみは次に持ち越しということで期待してます。

 

昨夜は、遅くまでTV観戦していた方も多いのではないでしょうか?

サッカー好きの方は、日本以外の国の試合も毎晩観戦して、この二週間近く寝不足が続いている方もいらっしゃると思います。

なにぶん4年に一度の祭典なので仕方ないですね。

 

とはいえ、寝不足は脳や身体に様々な影響を及ぼします。

  • 脳機能障害(記憶障害、アルツハイマー型認知症)
  • 循環器(高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞)
  • 免疫機能障害(アトピー性皮膚炎、アレルギー、癌)
  • 脂質代謝機能障害(肥満、糖尿病、高脂血症)
  • その他(便秘、鬱)

などなど。。。

慢性的な睡眠不足が続くと病気の発生リスクが高まると言われています。

 

また、睡眠中には様々なホルモンが分泌されています。

その一つである成長ホルモンは、細胞の修復や疲労回復には欠かせないもので、30歳半ばを超えるとただでさえ分泌量が減って、寝ても疲れが取れにくくなり、お肌の代謝も落ちてしまいます。
ちなみに運動して筋肉を動かすと分泌量は増えます。加圧トレーニングだとさらに増えますよ!

その他、睡眠が不足すると食欲を抑えるホルモン「レプチン」の分泌が減少し、逆に食欲を増進させるホルモン「グレリン」が過剰に分泌されてしまうので、ダイエットをする方はまずはしっかりと睡眠をとるだけでも痩せやすい身体になります。
平均睡眠時間が5時間未満の人は、7~9時間の人に比べて50%も太りやすいという報告もあるそうです。

 

睡眠時間は積立てられないので、基本的に寝貯めというものは出来ないと言われます。

あと数日は寝不足の日々が続く方もいらっしゃると思いますが、その状態が習慣化しないよう気をつけながら、月曜深夜(27:00)のベルギー戦を楽しみに応援しましょう!!